スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←六月(蜻蛉文 - とんぼもん) →くるみ児童館でお箸作り
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png ご案内
もくじ  3kaku_s_L.png 花だより
もくじ  3kaku_s_L.png 集い
もくじ  3kaku_s_L.png 学び
もくじ  3kaku_s_L.png 友達
もくじ  3kaku_s_L.png 思い
もくじ  3kaku_s_L.png 仕事
もくじ  3kaku_s_L.png 政治
もくじ  3kaku_s_L.png 趣味
もくじ  3kaku_s_L.png グルメ
もくじ  3kaku_s_L.png その他
【六月(蜻蛉文 - とんぼもん)】へ  【くるみ児童館でお箸作り】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

その他

山桜

 ←六月(蜻蛉文 - とんぼもん) →くるみ児童館でお箸作り
昨晩、藤沢周平好きとして 映画『山桜』を観た。

やっぱりジーンと泣けた。

日本の情の世界が広がっていく。

●ストーリー  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

海坂藩の下級武士の娘・野江は、前の夫に病気で先立たれ、磯村庄左衛門と2度目の結婚をしていた。叔母の墓参りの帰りに、磯村との縁談がある以前に縁談の申込があった、剣術の名手で武士の手塚弥一郎と偶然出会う。野江が手塚からの縁談を断ったのは、剣術の名手は怖い人、と言う固定観念を持っていた為であった。しかし、会話をしてみると手塚は、野江が思っていたのとはまるで正反対の心の優しい人である事が分かり、その時から野江は手塚の事が気になる様になっていく。そんなある日、手塚は農政を我が物とし私腹を肥やす諏訪平右衛門に対し、城中で刃傷沙汰を起こして投獄されてしまう。その後、野江は磯村と離縁し、手塚の罪が軽くなる事を毎日祈りながら、手塚の母・志津とともに手塚の帰りを待ち続けるのであった。


日本人らしさから情を取ってしまうといったい何が残るのだろうか?

感謝 はなちゃんより
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png ご案内
もくじ  3kaku_s_L.png 花だより
もくじ  3kaku_s_L.png 集い
もくじ  3kaku_s_L.png 学び
もくじ  3kaku_s_L.png 友達
もくじ  3kaku_s_L.png 思い
もくじ  3kaku_s_L.png 仕事
もくじ  3kaku_s_L.png 政治
もくじ  3kaku_s_L.png 趣味
もくじ  3kaku_s_L.png グルメ
もくじ  3kaku_s_L.png その他
【六月(蜻蛉文 - とんぼもん)】へ  【くるみ児童館でお箸作り】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【六月(蜻蛉文 - とんぼもん)】へ
  • 【くるみ児童館でお箸作り】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。