スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←マイ読書 →思風塾ふくい「人間教育の本道」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png ご案内
もくじ  3kaku_s_L.png 花だより
もくじ  3kaku_s_L.png 集い
もくじ  3kaku_s_L.png 学び
もくじ  3kaku_s_L.png 友達
もくじ  3kaku_s_L.png 思い
もくじ  3kaku_s_L.png 仕事
もくじ  3kaku_s_L.png 政治
もくじ  3kaku_s_L.png 趣味
もくじ  3kaku_s_L.png グルメ
もくじ  3kaku_s_L.png その他
【マイ読書】へ  【思風塾ふくい「人間教育の本道」】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

花だより

6月(きものの伝説 三十三織のきもの)

 ←マイ読書 →思風塾ふくい「人間教育の本道」
むかし、むかし親切で働き者の夫婦いました。不運にも三人の子を幼いうちに亡くしてしまいました。夫婦は丈夫な子を授けてほしいと観音様に祈り続けていたある日の朝、観音様のお告げの夢を二人共に見ました。それは、「三才まで病なく育った子供の布を三十三枚集め、お前たちに授かる子の着物を縫って着せるよう」というものでした。
夫婦は喜んで朝晩拝んで働き、夜星の中を丈夫なお子のある家を、布を求めて隣の村、そのまた隣の村へと訪ね歩きました。集める布は残すところ一枚となりました。夫婦はある晩歩き疲れてある村のお堂の前で眠り込んでしまいました。すると誰かがよんでいるようで目を覚ますと、不思議なことにお堂から光が射しています。こわごわ覗くとお堂の中には、幼子を抱いた慈母観音が祀られ、その足下に一枚の布が置いてありました。観音様が授けて下さったに違いないと、夫婦は嬉し涙の中でその布を頂いて帰り、やっと三十三枚の布で観音様のお守り着物を縫い、間もなく授かった子はそれを着てすくすく育ちました。観音様の三十三枚織りの着物は、子宝を願う人達によって授かった子には必ず着せようという愛知県知多半島に伝わる伝説です。

過去の「花だより」が読みたい方は↓
きもの好きどっと込む 花だより新聞
http://www.kimono-zuki.com/shinbun/06nenndo.html#0606
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png ご案内
もくじ  3kaku_s_L.png 花だより
もくじ  3kaku_s_L.png 集い
もくじ  3kaku_s_L.png 学び
もくじ  3kaku_s_L.png 友達
もくじ  3kaku_s_L.png 思い
もくじ  3kaku_s_L.png 仕事
もくじ  3kaku_s_L.png 政治
もくじ  3kaku_s_L.png 趣味
もくじ  3kaku_s_L.png グルメ
もくじ  3kaku_s_L.png その他
【マイ読書】へ  【思風塾ふくい「人間教育の本道」】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【マイ読書】へ
  • 【思風塾ふくい「人間教育の本道」】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。